デフジュニアアスリート育成プログラム

全日本ろう者空手道連盟では、2021年10月9日(土)~10日(日)に、

聞こえない・聞こえにくいデフジュニアアスリートのための育成プログラムを開講する予定です。

 

【育成プログラムとは?】

未来のトップアスリートを目指す聞こえない・聞こえにくいジュニア選手の育成を目的として、

5つのプログラムを開講いたします。

・医科学トレーニング講座

・メンタルトレーニング講座

・フィジカルトレーニング講座

・スポーツ栄養学講座

・コミュニケーション能力講座

 

手話通訳および文字通訳を用意し、アスリートとして必要なスポーツ知識を身につけ、

自ら意識を高めて日々の稽古に取り組んでもらうことや、保護者も一緒に受講することで、

親のサポートも子どもの競技力向上に貢献できることを認識してもらう事を目的としています。

 

開催予定のプログラム内容・日程は以下の通りとなります。

日程・場所

2021年10月9日(土)〜10日(日)

滝野川会館 東京都北区西ケ原1丁目23−3

参加対象

空手道(寸止め)に励んでいる聞こえない・聞こえにくい選手(中学1~3年と高校1~3年)

およびその保護者       

※強化選手を目指している大学生・社会人の方も参加可(応相談)

募集人数

選手20名まで(先着順。定員超えた場合はJDKF.会員優先となります。)

募集期間

2021年8月16日(月)~9月10日(金)

参加費

JDKF.会員:3,000円 非会員:6,000円

その他
  • 情報保障として手話通訳および文字通訳を用意致します。

  • 旅費交通費の一部(宿泊費含む対象経費の2分の1又は2万5千円のいずれか低い額)を助成致します。
    助成条件として、全コマ出席(遅刻や早退は認められない)していること、公共交通機関を利用すること、
    宿泊費は片道100㎞以上であること、助成交付申請に必要な書類(領収書等)を提出すること等があげられます。

スクリーンショット 2021-07-27 12.06.39.png

医科学トレーニング

豊嶋建広氏

麗澤大学特任教授、麗澤大学経済学部経営学科スポーツビジネス専攻長、早稲田大学講師、

日本武道学会空手道専門分科会会長、元JOC強化スタッフ。

公財日本スポーツ協会公認コーチ4(旧上級コーチ)、アスレティックトレーナ。

公財日本レクリエーション協会公認レクリエーションインストラクター、

スポーツ・レクリエーション指導員

スクリーンショット 2021-07-27 12.11.10.png

メンタルトレーニング

久保田真広氏

株式会社カロ代表取締役.

トレーナーの育成と派遣業務(社会人・大学・高校野球チームの他、鈴鹿8耐チームや大学水泳部など)

及びメンタル講習及びサポート(日本ハンド ボール協会、社会人野球チーム、プロゴルファー、

プロボーラーなど)を行っている。

スクリーンショット 2021-07-27 12.12.18.png

フィジカルトレーニング/スポーツ栄養学

後藤優子氏

フィットネスクラブでの運動指導、ダイエット&生活習慣予防指導専門学校講師、

アスリートのトレーナー&栄養サポート、学童ファシリテーターを務める。

空手道マガジンJKFanの連載掲載でお馴染みのトレーナー。

スクリーンショット 2021-07-27 12.12.53.png

コミュニケーション能力

高橋朋子氏

全日本ろう者空手道連盟会長、日本手話で教える空手道教室「朋心会」代表指導者。

2008年世界ろう者武道選手権大会およびデフリンピックプレ大会にて、女子組手で金メダルを獲得。

テコンドーやキックボクシングへと格闘技の幅を広げたのち、空手指導者に至る。

現在は日本のろう者空手指導者の先駆者として、社会への理解促進や普及啓発活動を行っている。

講師紹介

   主催者   

  Supported by       

   協 力   

JDKF_logo design_fix_cmyk (2).jpg
NGF-17.jpg

S&C

(映像による手話&字幕サービス)

手話通訳派遣サービス会社

    詳細については以下の開催要項をクリックし、ご参照ください。

当日のタイムテーブルもご確認いただけます。

お申し込みは8月16日(月)よりスタート!