【活動報告】第10回わくわくデフスポーツ体験会

今回で10回目を迎えるわくわくデフスポーツ体験会は、

ろうの子どもたちがデフアスリートとの交流を通して、

さまざまなスポーツに出会う機会を提供するイベントです。


今回は明晴学園で行われたわくわくデフスポーツ体験会2日目の6月5日(日)に

空手体験の指導として全日本ろう者空手道連盟から選手2名と一緒に参加させて頂きました。


《体験の内容》

・礼法

・色々なゲーム

 カラフルなコーンを使ったゲーム、

 「拳サポーターを取れるかな」ゲーム、など

・ミットを使って突きと蹴りを体験

・実際に拳サポーターをつけて突きを体験


多くの子どもたちに空手の楽しさを体験してもらったことにより、

「空手道」を知って楽しんでもらえた子どもたちが、また増えました。


デフアスリートに手話で教えてもらえるスポーツ体験は、

子どもたちの夢と目標が見つかるきっかけの場にもなり、

何よりも、聞こえない子どもたちが、

スポーツで活躍する成人ろう者すなわちロールモデルと出会う数少ない場でもあります。


このような場で「ろう空手道」を伝えられることに、幸せとありがたさを感じます。


代表者をはじめ、多くのろう学生スタッフが代々引き継いで続けてきた、

このわくわくデフスポーツ体験会の一区切りとなる10回目に呼んでいただけて光栄でした。

このような貴重な機会をいただき、本当にありがとうございました。


10回目を迎えるにあたって、これまで色々なご苦労もあったかと思いますが、

今後も続けられるよう応援しています。



閲覧数:40回